おすすめ探偵社:児玉総合情報事務所の実力は?

1月 27, 2019

こちらが目次です!

児玉総合情報事務所

1948年からつづく老舗です。会社の沿革を引用しましょう。

1948年(昭和23年)
“児玉探偵事務所”を開設する。
1953年(昭和28年)
“日本探偵協会”を開設し、各支局を順次開設する。
“児玉式探偵術”の通信講座を開始する。
1954年(昭和29年)
“少年探偵隊”を日本で初めて結成し、青少年の健全なる育成を目的とし活動する。
1969年(昭和44年)
“探偵警備士養成所”を併設し本格的に児玉式探偵術を伝授する。
世界初の私立探偵学校の誕生である。その実績は、国内をはじめ世界各国の新聞紙上・雑誌・TVニュース等に紹介され高く評価される。
1972年(昭和47年)
探偵・調査業界の地位向上のため業界一本化の準備を開始する。
数年後に仮称「日本探偵調査機関」を結成する。
初代会長に竹内義雄氏を指名する。(のち「日本調査業協会」とする。)
1973年(昭和48年)
米国で私立探偵学校ができる。
1988年(昭和63年)
「日本調査業協会」は社団法人となる。会長に木村正一氏を指名し、児玉道尚は設立者として実質的に相談役となり教育委員長を兼任する。

要するに、今の探偵業界を作った一人が児玉氏といっても過言ではないかもしれません。ちなみに、日本探偵協会は、今も存在しており、

日本探偵協会は、昭和28年当社創立者:児玉道尚が探偵業界の地位向上を目指し有志で組織した任意の 団体で、全国に各支局を設けるほどの大規模なものとなりました。しかし規模が大きくなりすぎたがための問題も発生し、やむなく規模を縮小し、日本調査業協会に託しました。

現在では当社併設の児玉道尚探偵養成所の卒業生を中心とした探偵社で構成され、現在も探偵業の地位向上および探偵技術の錬磨を目指しおおいに活動しております。

日本探偵協会に加盟するには探偵警備士養成所の卒業が不可欠で、探偵としてのモラルおよび厳しい訓練の末、探偵の技術を十分に習得した者のみが日本探偵協会加盟員を語ることができます。

現在は日本探偵協会に似た商号を持つ会社や日本探偵協会加盟員を語る会社が増えてきておりますが、十分にお気をつけください。そのような場合は加盟番号等を確認の上、当社にお問合せください。

とあるように、日本探偵協会加盟員を語っているのであれば、かなり信用できることがわかります。

また、日本調査業協会も、日本調査業協同組合と同様、歴史ある協会であることが再確認できます。

執筆現在、台湾キャンペーンをしておりますので、台湾に関する依頼がある方は、是非一度相談されてはいかがでしょうか。

 

WAD所属の頼もしい探偵社の一つです。