国際的探偵協会:WADとCIIの実力は?

1月 27, 2019

信頼できる探偵社:CII(国際調査協議会:Council of International Investigators)への加盟

このページから、加盟者を検索できます。

日本で絞ると、わずか2名がヒットします。

一人目:Goro Koyama氏がJapan PI inc. のCEOとしてヒットします。

二人目:Kenji Ohara氏がHaraichi Detectives, Inc.のPresidentとしてヒットします。

世界では、探偵は厳格な資格であり、許可されている業務内容も豊富です。

それに比べて日本では、一般人でも簡単に探偵を名乗れてしまう程度のものです。

資格というより、届出義務があるものの、特別な試験などはありません。

探偵になるだけなら簡単ですので、いくら能力が高くても、

許可されている業務内容は、ほとんど一般人とかわりません。

Wikipediaからの引用ですが、

例として、カリフォルニア州での探偵業免許申請の条件は

  •  18歳(成人)以上であること
  •  3年以上(合計6000時間)の警察・消防・有免許探偵社・保険会社・軍警察・弁護士事務所などにおける『捜査業務』経験(もっぱら事務や電話による調査業務や捜査以外の業務は経歴に含まれない) もしくは
  •  4年の警察科学学士履修プラス2年(合計4000時間)の実務経験 もしくは
  •  2年の警察科学・犯罪法・法務のいずれかの準学士プラス2年半(5000時間)の実務

上記条件を満たした者が州法務局およびFBIの犯罪歴証明を添えて免許申請し、試験を経て探偵業免許が交付される。

業務上の銃器携帯は、銃器携帯免許を申請交付されて初めて携帯する事が出来る。

交付される身分証は顔写真入りのプラスチック製で警察官のような金属製バッジは交付されない。

補償額1億円の業務賠償責任保険の加盟が義務付けされている。

探偵業助手・補佐・従業員に免許や資格は要らないが登録が必要である。

助手・補佐・従業員は銃器携帯免許の申請は出来ない。

簡単にいえば、4年程度は勉強して実務経験をつまなければ、探偵にはなれないということです。

逆に言えば、たった4年です。日本でも探偵学校に通い、先輩探偵にじっくり教え込まれれば、レベル的には世界と戦える探偵が育つことでしょう。

探偵の資格制度が整備されていないというだけで、日本の探偵の能力が世界に劣るというわけでもありません。

問題なのは、探偵の能力を保証してくれる人や機関が存在しないことです。

日本には探偵協会が乱立しています。

内閣府の認可が必要なものから、かなり勝手に立ち上げた協会まで様々です。

どの協会に所属していれば最も信頼性が高いかについては、

結論からいえば、

1:日本調査業協会所属(各地方支部含む)の探偵社

2:全国調査業協同組合所属の探偵社

3:上記以外の中堅協会(日本探偵士会やいくつかのNPO法人など)所属の探偵社

4:いずれの協会にも無所属だが、ある程度規模が大きい、あるいは弁護士が運営しているなど信頼できる探偵社

のいずれかを選ぶのが賢明です。

詳しく知りたい方はこちらの記事へどうぞ。

 

もう一つの正解は、国際的な探偵協会に所属している探偵社を選ぶことでしょう。

基本的に、審査が厳しく、ハイレベルな探偵社しか加盟できません。

上記の日本の探偵協会も、それなりにしっかり審査されてはいますが、

当サイトで公式サイトを網羅的に分析した感想としては、

WADとCIIに比べれば、審査はゆるいと思われます。

CII所属:Japan PI

浮気調査についてはこちらのページです。

リアルタイム報告が可能という点は大きいでしょう。

料金体系が非常にシンプルかつオープンです。

成功報酬については、否定的な立場をとっており、

・成功報酬にしてしまうと、結果的に依頼者は多めにお金を支払う傾向にあること、

・そもそも浮気がないケースもあること、

・リアルタイム報告を実施しているため、成功報酬という保険をかけても意味がないこと、などが理由として挙げられるでしょう。

代表調査員の小山 悟郎 Goro Koyama氏は、1993年から調査業に従事されているベテランの調査員です。

CIIへの加盟は、他には原一探偵事務所(第四選考突破)のみですので、JAPAN PI(第四選考突破)はかなり魅力的で信頼度の高い探偵社の一つといえます。

JAPAN PI(第四選考突破)について詳細に知りたい方はこちら。

CII加盟:原一探偵事務所(第四選考突破)

かなり広告にも力をいれておられることもあり、ほとんどの方は目にしたことがあるでしょう。

創業44年、11万件対応実績あり、24時間365日対応可能、即日対応可能、全国直営18店舗あり、保有車両100台以上、と相当な実力派です。

広告費が少し気になるところではありますが、

電話相談なり、メール相談なりして、その後面談、見積もり額や計画を考えて、無理ならば遠慮なく断れば良いのです。

全国調査業協同組合を立ち上げた探偵社の一つなので、強引な営業をするはずもありません。

詳細に知りたい方はこちら。

原一探偵事務所(第四選考突破)の公式サイトはこちら。

信頼できる探偵社その2:WAD(世界探偵社協会:World Association of Detectives, Inc. Established 1925)

WADは1925年からスタートした由緒ある協会です。

公式サイトでJapanで検索をかけるとこちらのようになり、記事執筆時点で18名がヒットします。

検索すれば誰でも見られますが、人物名よりは、その人物が代表を務める社名を記載する方がわかりやすいかもしれません。

2017年加盟:株式会社JPリサーチ&コンサルティング

いわゆる狭義の探偵業とは少し異なるようです。

国内・海外におけるM&Aなどの投資案件でのCompany Due Diligenceや訴訟・深刻なトラブルに直面した場合の戦略的情報収集、その他社内不正などインシデント発生時の証拠収集のための調査を主軸としたサービスを展開しています。

2014年加盟:ダルタン調査事務所(第一選考突破)

横浜で26年つづく探偵業者です。

いろいろ良い点を紹介したいのですが、

無断転載をかなりきっちりと禁止されているので、リンクを貼る程度にしておきます。

2006年加盟:児玉総合情報事務所

1948年からつづく老舗です。少し、会社の沿革を引用しましょう。

1948年(昭和23年)
“児玉探偵事務所”を開設する。
1953年(昭和28年)
“日本探偵協会”を開設し、各支局を順次開設する。
“児玉式探偵術”の通信講座を開始する。
1969年(昭和44年)
“探偵警備士養成所”を併設し本格的に児玉式探偵術を伝授する。
世界初の私立探偵学校の誕生である。その実績は、国内をはじめ世界各国の新聞紙上・雑誌・TVニュース等に紹介され高く評価される。
1972年(昭和47年)
探偵・調査業界の地位向上のため業界一本化の準備を開始する。
数年後に仮称「日本探偵調査機関」を結成する。
初代会長に竹内義雄氏を指名する。(のち「日本調査業協会」とする。)

要するに、今の探偵業界を作った一人が児玉氏といっても過言ではないかもしれません。ちなみに、日本探偵協会は、今も存在しており、

日本探偵協会は、昭和28年当社創立者:児玉道尚が探偵業界の地位向上を目指し有志で組織した任意の 団体で、全国に各支局を設けるほどの大規模なものとなりました。しかし規模が大きくなりすぎたがための問題も発生し、やむなく規模を縮小し、日本調査業協会に託しました。

とのこと。老舗好きの方は一度相談してみては。

もう少し詳細に知りたい方はこちら。

2011年加盟:株式会社ティービーアイ

東京、海外に拠点をもつ探偵業者です。

WAD所属なのでもちろんレベルは高いのですが、探偵料金について、非常に価値のある文章を見つけましたのでいくつか引用させて頂きます。

詳細に知りたい方はこちら。

弊社も、取引先N社の方に「御社に依頼して失敗した事がないから。」等と言って下さったりしてますが、そんな事はなく失敗と言えるかどうかは分かりませんが、成功とも言えない事もあったように思います。

誠意のある文章といえそうです。

料金は2名で1時間20,000円前後です。これが妥当なラインと思って下さい。

他、尾行は2名で十分だという記載もありました

むしろ誠実な印象を受けます。こういった情報は気にしておきましょう。

2010年加盟:JAPAN PI(第四選考突破)

なんと、CIIとWDAの両方に加盟しています。これはすごいことです。海外案件は相当強いでしょう。

2014年加盟:MR(第四選考突破)

代表者が女性です。カウンセラーを認定資格として、カウンセリングに力をいれています。当サイト的にも、かなりおすすめしたい探偵社の一つです。まず、代表者が女性というのは業界的に相当レアです。

詳細に知りたい方はこちら。

業界の中でも、非常に優れた業績を出している探偵社の一つであることがわかります。

当社では毎年売上と調査件数を実績として公表しており、調査料金の平均を掲示しております。

これらの数値は船井総合研究所から認定を受けて掲載しており、嘘偽りのない数値となっておりますので、何よりもこちらをご覧頂くのが宜しいかと思います。

MR(第四選考突破)は客観的にみて、受賞多数、代表者が女性、代表者がラジオにて幅広く活躍、カウンセリングに力を入れている、など、かなり良質な探偵社である可能性が高いといえます。取引先に、

・東証1部・2部上場企業を始めとする大手企業様
(船井総合研究所、NTTドコモ、NTTタウンページ、富士通、他多数)

とあるのも、信用が高いという証拠の一つでしょう。

 

2014年加盟:もみじ探偵社

本社が広島で、全国規模の探偵社です。電話相談で適正価格を相談できることをうたっており、費用については、かなり意識が高い探偵社と推察されます。

平成10年創立です。特に広島近辺の方は、電話で費用の相談をしてみる価値がありそうです。

備考 探偵社  日本データバンクグループ(もみじ探偵社)
都道府県別まとめ参照 紹介回数 1
公安委員会届出場所 本社 広島県
. 支社 広島県本社
明記なければ探偵社名と同一とする 運営社 総合探偵社日本データバンク株式会社
明記なければ届出年と同じとみなす 創業 1998
. 所属協会 WAD
. 所属協会 全国調査業協同組合
500社での分布をもとにH~SSS評価・不明はQ ピンポイント調査料金ランク H
ただし具体的な料金が不明瞭な場合も多い 中規模調査料金ランク F
状況に応じてそれなりに変動する 大規模調査料金ランク F

料金は、若干高めかもしれませんが、一度見積もりをとらないと何とも言えません。

2013年加盟:テイタン

言わずと知れた有名会社です。

公式サイト

概要:超老舗。特約店。全国規模の大手。料金詳細は不明。WAD所属。業務は幅広い。

歴史も102年あり、個人および一流企業との取引実績があります。

テイタンは調査業界(探偵業界)において大きな影響を与えてきた会社です。

詳しく知りたい方はこちら。

2014年加盟:PRIVATE SHADOW

探偵社です。1992年設立、神奈川が本拠地です。以下引用。

数ある探偵社・興信所のホームページの中から当サイトにご訪問頂き誠に有難う御座います。 当 興信所では、1992年(平成4年)4月10日設立より独自の調査方法とノウハウを駆使し、スタッフのクオリティーと顧客数からなる低料金化をモットーに、従来の探偵社や興信所にありがちな「曖昧価格」表記や、人を見て料金を変える「個人差価格」を一切なくした唯一の探偵・興信所です。調査エリアも、事業所拠点となる神奈川県や東京都に留まらず日本全国対応させて頂いております。また、当WEBサイトは、SSL暗号化通信を導入し、ご相談メールに対しても盗聴を防ぐ、POP/SMTP over SSL(メールサーバー暗号化)を採用しております。インターネット経由での探偵社・興信所へのご相談も、高セキュリティーのプライベート・シャドーへ、安心してお任せ下さい。Call:0466-83-1011(ご相談無料/秘密厳守)

料金に対しては、かなり低く抑えようとする意識が高い探偵社と推察されます。

「個人差価格」という言い回しは非常に絶妙で、探偵業界に限らず、どの業界でも消費者にとっては困った問題だといえます。

一般社団法人日本調査業協会認定資格取得者
探偵業務取扱者3名
探偵業務取扱主任者2名

このように、日本調査業協会では独自の認定資格を作っており、取得者を明記しているサイトは結構少ないです。

World Association of Detectives(W.A.D:世界探偵協会)
一般社団法人 日本調査業協会(登録第1018号)
一般社団法人 全日本総合調査業協会(F01030)
神奈川県調査業協会
全日本調査業政治連盟
藤沢法人会
藤沢商工会議所
藤沢暴力追放推進協議会

このように、所属協会が複数あれば、なんとなく依頼人としては安心するものです。

こちらの調査メニューはなかなかに独自性があって、

都道府県別に浮気調査費用を総額表示した特設サイト、

車両監視調査、

抑止調査(浮気調査の一歩手前のような調査)、

伝心派遣(メッセージを伝える)、

自己評価、など様々です。

歴史もかなりありますので、特に神奈川や東京在住の方で、費用を押さえたい思いが強い方には、相談の価値ありといえそうです。

 

 

1996年加盟:東洋情報研究所(https://www.toyo-inv.com/)

音が鳴る可能性がありますので、念のためリンクは外しておきます。

代表の鈴木邦雄氏は、例えば、平成12年から世界的コンサルタント会社のM&Aに関する調査業務を開始するなど、相当な経歴の持ち主です。

企業の調査、個人調査だけでなく、筆跡鑑定、探偵の開業指導など、業務が幅広い会社です。さて、こちら(https://www.toyo-inv.com/ryo.html)に料金表がありますが、引用しますと、

1.筆跡鑑定
面談鑑定8万円
精密鑑定50万円

2.盗聴点検
基本料金(フロア-面積100坪内外)15万円
追加設置(各階、各部屋毎)7.5万円

3.危機管理
調査料金は、状況によって各種調査の組み合わせとなります。

4.人物調査
本人事項(結婚調査 身元調査)18万円
両親、同胞、資産及び生活状況:同胞(本人を含めて2名迄)10万円
同胞1名追加毎に2万円
指定事項(1件)5万円

5.行動調査
基本料金(4時間以内)6万円
時間料金(1時間)2万円
無線車輌(1日1台)2万円

この料金表は「東京都調査業協会」の「平均料金表」に準じておりますが、複雑に各調査種目の組み合わせを要するものについては、各種調査料金を合算したものとなります。
しかし、既存のいずれの調査にも該当しない特殊な情報資料やコンサルティングに於ける料金については、所要日数や難易度及び成功度合等を考慮して算出致します。

法律上、探偵業者は、料金を全国的に統一することが原則不可能です。

ところが、それぞれが好き放題かというとそうでもなく、主に、所属する協会のおおよそのルールに準じて(空気をよんで)取り決めるというのが多いようです。

筆跡鑑定の精密なものが50万円というのは、直感としては高すぎるのですが、かといって他に筆跡鑑定をお願いできる業種がほとんどない(独占状態に近い)ので、致し方ない気もします。証明不要の面談鑑定なら8万円ですむので、これなら、アリという気もします。

従業員は9名と小規模ですが、おそらく精鋭揃い(歴史・代表者経歴・WAD所属・独自の項目がある)と推察されますので、お金に余裕があれば、相談してみても良いかもしれません。

 

2011年加盟:日本探偵社名古屋本部(LASコーポレーション)

名古屋を本拠地とする探偵社。代表者の高田幸枝氏は、探偵歴24年以上のベテランでテレビ出演もありだそうです。なお、氏は、同じく愛知県のLASコーポレーションが運営する帝国総合調査事務所(http://www.teikoku-total.jp/)の代表取締役でもあるようです。

このように、1人が複数の探偵社の上層部やトップをかけもちするケースは探偵業界ではしばしば目にします

当探偵社では、調査料金が他社の半額以下というケースが大半です。
確実な調査と低料金での高水準・良質の調査を提供しています。お客様が、ご相談されるときに当探偵社が、最適な調査と明確調査料金を提案する際に他の探偵社での半額くらいにびっくりされるお客様が多くおられます。

低い料金への意識が高い探偵社と推察されます。

ただし、基本的な話ですが、どこを基準とするかで、本当に安いかどうかは変わってきます

こちらのページに質疑応答がありますが、

契約を強要しないこと、

調査報告書のサンプルを作成してくれること、

大手企業が多数入居している昭和ビルの中にオフィスを構えているので人目を気にせず面談できる(何気に重要)こと、

日本探偵社名古屋本部では、何もなかったという場合を含む全ケースで調査報告書を作成させていただいておりますのでご安心ください。

このことを明記している探偵社は本当に少なく、頼もしいといえます。

日本探偵社名古屋本部では、ご相談の段階はもちろんのこと、調査進行中に至っても細心の注意を計らいます。
そして、調査後に於いても特別な事情がない限り、日本探偵社名古屋本部からのご連絡は一切いたしません。
また、偶然遭したとしても、こちらからはお声をかけないようにしております。

当然のマナーかもしれませんが、サイトで明記してあれば、安心感が段違いです。

名古屋在住の方は、あと岐阜支社もあるので岐阜の方は、相談してみる価値はありそうです。

 

2005年加盟:株式会社ディークエストホールディングス

企業リスクコンサルティング事業 (調査事業部、ACFE事業部)がメインですので、個人調査とは関係が薄そうです。

2014年加盟:アイヴィサービス(第四選考突破)

平成22年創業で札幌に本社をおく探偵社です。

取引社は

NTT東日本・西日本
NTTタウンページ株式会社 など

創業から10年未満であるにもかかわらずWADに加盟など、かなり勢いのある会社です。

契約金額以外に料金は一切発生いたしません

さて、札幌、仙台、東京、横浜、千葉、名古屋、大阪、京都、広島、高松、松山、福岡、沖縄、タイ、シンガポール、ベトナムに支社や本部があります。

安心しておすすめできる探偵社のひとつといえます。

詳細に知りたい方はこちら。

アイヴィサービス(第四選考突破)の公式サイトへ!

 

1994年加盟:有限会社 日本エスアイティ

この会社は、調査会社です。警備に強いといえます。個人調査も可能と思われますが、他の会社とは一線を画しています。

以下、引用(一部抜粋)していきます。

正式社名 有限会社 日本エスアイティ

リスクコントロール株式会社 グループ (RCD)
設   立 1988年6月(昭和63年)
(平成13年度に現在の商号に変更)
会   長 山住  宏 元 (旧)通商産業省、朝日新聞社勤務
顧   問 元警視庁・警視正1名、警視1名/元神奈川県警察・警部1名元FBI捜査官
元防衛省・調査隊2名、元防衛省・警務隊1名
代表者名 代表取締役 山住 吉和 世界探偵協会(W.A.D)ライセンス取得

主要取引
各企業総務部・人事部/法律事務所/クレジットカード会社/国際ホテルチェーン
商標権団体/損害保険会社/総合病院/高い社会的信用を備えた個人(守秘義務の関係上、具体的な取引先企業名は記載できませんので御了承ください)

営業種目
危機管理業務、調査業務、警備業務、各種鑑定業務、防犯用品販売等、警察犬及び警備犬・災害救助犬訓練施設の運営、保険代理業務

専門分野
Ⅰ.警備情報収集業務 (特定対象者の行動監視調査 ・ 情報分析 ・ リスク評価)
Ⅱ.特務身辺警護業務 (指定対象者の身辺警護 ・ 攻撃者の監視と情報収集)
Ⅲ.各種特殊調査業務 (警察の捜査方法を取り入れた調査技術で正確な調査)
Ⅳ.安全対策管理業務 (企業の安全対策管理室として危機管理と渉外対策業務)

提携企業
サクラメント私立探偵社(顧問/元FBI捜査官 強行犯罪担当)
Sacramento Private Investigator

株式会社 帝国データバンク
綜合警備保障 株式会社(ALSOK
セントラル警備保障 株式会社
株式会社 全日警
国際警備 株式会社
東洋情報研究所
オフィスAOKE

下請業者
私立探偵事務所 S.F.C(エスエフシー)

取引企業
公営競馬場 (名称記載省略)
東証一部上場 大手レジャー産業 (名称記載省略)
学校法人付属病院 (名称記載省略)
国際ホテルチェーン (名称記載省略)
三井住友海上火災保険株式会社
その他多数

とりあえず、レベルの非常に高い会社であることが推察されます。

まず、警視正の階級については、このページがわかりやすいですが、簡単にいえば、少なくとも各署の署長クラスです。そういう身分の方が顧問というのは、相当心強いでしょう。

すこし、個人的に探偵を依頼するのは気が引けるかもしれませんが、もしあなたが、一般人より有名な方なのであれば、こういったところに迷わずご相談された方がよろしいかと思います。

 

まとめ

以上、国際的な協会に加盟している探偵社を10以上列挙しました。あなたの求める探偵社であるかどうかは、実際に電話、メール、面談していかないとわかりませんが、

気になった探偵社が一つでもあれば幸いです。